純正インクとリサイクルインクの違い

純正インクとは、プリンターを作った会社が作っている詰め替え用インクのことです。純正インクは、プリンターを使っていて、インクが切れたことがわかったときにパソコンショップに行くと、プリンターのメーカー別に売り場に並べられているインクです。これに対して、リサイクルインクとは、使用された純正インクの、インクが入っていたカートリッジの中を洗ってから、印刷に使う液体インクを詰めて、もう一度使えるようにしたインクカートリッジをいいます。通常、リサイクルインクは、プリンターを製造した会社とは別の会社が作っています。そして、純正インクに比べて、リサイクルインクは、値段が安いです。さらに値段が安いだけでなく、次に述べるようなメリットがたくさんあります。

値段が安いことだけではないリサイクルインクのメリット

リサイクルインクは、先ほども述べたように純正インクに比べて値段が安く、コストパフォーマンスがいいです。でも、リサイクルインクのメリットはそれだけではありません。まず、一度使ったインクカートリッジをもう一度使うので、環境にもやさしいです。プリンターのインクカートリッジには、プラスチックだけでなく、金属も使われています。これを捨てるときには、分別が大変ですし、その処理にも費用がかかります。それをリサイクルすることで、そのような費用がかからないようになっています。また、安いといっても、リサイクルインクを使って印刷した時の仕上がりは、純正インクに同等です。また、リサイクルインクの品質が良くなったことで、リサイクルインクを使っても目詰まりが起きやすいといった故障はありません。

デメリットを大きく上回るメリットがあるリサイクルインク

リサイクルインクには前述したようにメリットがたくさんありますが、純正インクに比べてデメリットがないわけではありません。リサイクルインクを使ったときにインクカートリッジによっては、インクがどれぐらい残っているか表示されないことがあります。でも、インクの残量表示がなくても常に手元にリサイクルインクを1本準備しておけばなんの問題もありません。そして、このデメリットを上回るメリットがあります。純正インクに比べてリサイクルインクは、値段が安く、コストパフォーマンスがいいことです。さらにインクカートリッジを洗ってもう一度使うことで、廃棄物を減らして、環境にやさしいこともあります。このように財布にやさしく、環境にもやさしいリサイクルインクを使ってみませんか。